アクセスアップとSEO パート2

ここでは、「アクセスアップとSEO パート2」 に関する記事を紹介しています。

【人気ブログランキング参加中】

応援ヨロシクお願いします♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【人気ブログランキング参加中】

応援ヨロシクお願いします♪

サイトアフィリにとってSEOは欠かせません。
SEOがサイトアフィリのアクセスアップにとって
どれだけ大切か?
どれだけ効果があるのか?
ソレは前回の記事にてお話した通りです。


 ⇒ 前回の記事 アクセスアップとSEO


で、前回お話した内容の中で
キーワードの重要性についても少し触れましたし
キーワードのSEO対策としては、

1、ブログタイトル
2、ブログ説明文
3、記事タイトル
4、記事本文に含むキーワード
5、メタタグ

と書きました。


では、この5項目について
具体的にどうしたらいいのかを書いてみましょう。




ブログタイトルはメインキーワードを最初に入れ
サブキーワードがあれば後半に入れるようにする。
出来ればメインになるキーワードを2回程度入れるといいです。


1つ例でご紹介すれば、何も無いサイトですが

 ⇒ http://chloe.bg.cat-v.ne.jp/

以前、アドセンスに使っていたサイトです。


「クロエ 財布」というキーワードで
グーグル10位以内で半年程度ずっと安定しています。
「クロエ 財布」というキーワードを2回使っていますね。


私のサイトって、だいたいこんな感じで
キーワードを2回使ったタイトルが多いので
見つけたらスパムにならない程度にクリックを~♪
(あっ!コレってアドセンスの規約違反かも・・・)


で、先日お伝えしたスパム塾あたりは
タイトルはキーワードのみにしろ~なんて言ってます。


「クロエ 財布」「ヴィトン 財布」「エルメス バッグ」など
こんなキーワードだけのタイトルが付いているサイトを見かけますが
スパム塾の連中です。
私に見つかり次第、即通報です。


だいたいトップページにアドセンスの「300×250」の広告が
貼られています。
数ヶ月で削除になり、その後は楽天ダイナミックアドに張替えられています。




話はSEOに戻りますが、
タイトルの1番左のキーワードが最も重要と認識されますので
タイトルや記事タイトルの1番左はメインキーワードで始めます。


ユーザーは、複合のキーワードで検索してくる場合が多いですので
複合キーワードでのタイトル決めが有効です。
前述の「クロエの財布」も「クロエ」だけでなく「クロエの財布」にしています。




ブログタイトル、ブログ説明、記事本文にも
メインキーワードを適度に入れることがとても重要です。




タグの説明になりますが、記事本文のキーワードに
[strong タグ]を使う事も有効とされています。


[strong タグ]とは、キーワードを強調することです。
簡単にいうと太字にすることですね。


見た目では
アフィリエイト アフィリエイト
右側が太字になっていますね。


タグでいうと
< strong >キーワード < /strong >
となります。


ブログでの説明上、< strong >タグの<>の中のstrongの前後に
半角スペースを入れていますが、半角スペースは入れません。


通常、ブログの機能には、
タグを入れなくても「」って感じのボタンで
強調タグが入力されますので、ソレを使うといいでしょう。




メタタグもクローラーは、巡回しています。


メタタグとは、
ブログの管理画面でテンプレートのカスタマイズ画面を開くと
の下に下記のような記述があります。


< head >

< meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=euc-jp" / >
< TITLE >情報商材レビューとネットで稼ぐノウハウ公開!
< META NAME="ROBOTS" CONTENT="ALL">
< META NAME="description" content="情報商材を徹底検証してレビューします。初心者が、ネットでの収入を得るためのノウハウ・情報と、優良商材、詐欺商材、レポートを無料で提供します。">
< META NAME="keywords" content="情報商材,アフィリエイト,ブログアフィリエイト,メルマガアフィリエイト,アクセスアップ,無料レポート,初心者,ネットビジネス">



META NAME="keywords" の横に、キーワードを挿入しましょう。
数は、5~8くらいが好ましいと言われています。
多すぎるとクローラーにスパム扱いされてしまう可能性があります。


そして、META NAME="description"の後には、
クローラーに向けて簡単なブログ説明がされます。


ブログトップページと同じでなくても構いません。
ここでは、簡潔明瞭にキーワードを伝えれば大丈夫です。


キーワード対策は、最初に1度設定するだけですし、
記事を書いたり更新する時にも
キーワードを意識して書いていくようにしましょう。


そうすれば、ブログのトップページだけでなく
記事のページまでもが上位表示されやすくなります。




ちょっと裏技ですが・・・


通常のHTMLのタグは

1行目  < head >
2行目  < title >タイトル< /title >
3行目  < meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS" / >
4行目  < meta name="keywords" content="キーワード1,キーワード2,・・・">
5行目  < meta name="description" content="ページの説明文">
6行目  < link rel="stylesheet" href="styles-site.css" type="text/css" / >
7行目  < link rel="alternate" type="application/rss+xml" title="ROR" href="sitemap.xml" / >
8行目  < /head >

と、なっています。



コレを、

1行目  < head >
2行目  < title >タイトル< /title >
3行目  < meta name="keywords" content="キーワード1,キーワード2,・・・" >
4行目  < meta name="description" content="ページの説明文">
5行目  < meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS" / >
6行目  < link rel="stylesheet" href="styles-site.css" type="text/css" />
7行目  < link rel="alternate" type="application/rss+xml" title="ROR" href="sitemap.xml" / >
8行目  < /head >


に変える方法です。


実は、
< meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS" / >
という文字コード指定の前に日本語を書かないようにするのが、
HTMLの常識とされています。


ただ、検索エンジンはHTMLファイルの
初めのほうに記述されているテキスト(キーワード)を重視します。
そのため、タイトルタグの冒頭を最も重要なキーワードにして、
そのタイトルをなるべく上に持っていくことはSEO対策上、効果があります。


キーワードとディスクリプションも同様に、
タイトルの直下まで引き上げる方法も、
今のところは、ある意味で使える裏技です。



コメント
この記事へのコメント

応援ヨロシクお願いします♪
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://review110ryoma.blog122.fc2.com/tb.php/309-5aaff5d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:情報商材 :アフィリエイト:レビュー:お金儲け:アクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。