グーグルへ鉄拳制裁?

ここでは、「グーグルへ鉄拳制裁?」 に関する記事を紹介しています。

【人気ブログランキング参加中】

応援ヨロシクお願いします♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【人気ブログランキング参加中】

応援ヨロシクお願いします♪

昨年末からグーグルがアドセンス実践者に対して
異常なまでの取り締まり強化を行っていることは
多くの方はご存知だと思います。

又、その煽りからアカウント停止になった方も
数多く居られます。

一部、ネット界では「グーグルは神様・・・」
なんて言って居られる方もいますし
私もそう思っていましたが、
その神といわれているグーグルが
法廷で敗訴になった情報です。


Gigazineの先週末の記事からですが、

「AdSenseアカウントが理由もなく無効になった場合、
 Googleを訴えれば受け取っていないお金は取り戻せる」


によると、
Adsenseアカウント停止された企業が
Googleを相手取り小額訴訟を起こし勝訴したとのことです。


Adsenseチームからメールを貰った方はご存知でしょうが、
いい加減というか、人間味が無いというか、
実に機械的で「あなた達は本当に優秀な方なの?」って疑いたくなるような
小学生でも出来るような対応のメールが届きます。



この場合はアカウント削除や警告の文章は、

お客様のアカウントを確認しましたところ、Google のポリシーに準拠しない方法で Google 広告が表示されています。 例として、次の URL のページで AdSense ポリシーの違反が見受けられました。

や、

お客様のアカウントは、Google のスペシャリストによりこれらのプログラム ポリシーに従っていないことが確認されました。このため、お客様のアカウントは無効とさせていただきました。


といった感じで、具体的にドコが悪いとまでは教えてくれない場合が殆どで、
時によっては一方的なアカウント削除が行われます。



Adwordsを利用している方の場合も
規約違反で広告が表示されない事がありますが、
その際は丁寧に広告テキストのこの言葉が
規約違反ですと教えてくれるのですが
Adsenseでは上記のような機械的な定型文になります。


具体的にここが悪いから
アカウントを削除しましたなら納得ができるのでしょうが、
意味不明のままアカウントが削除されたという方が
殆どではないでしょうか?


まぁ、グーグルという企業から
アドセンス広告を貼らせてもらっている立場の
アドセンサーからすれば、
納得できなくても諦めるしかない・・・
っていうところだったと思います。

しかし、確かにAdwordsは広告主として
Googleに直接利益をもたらしてくれるお客さんではありますが、
Adsense広告を表示してくれるアドセンサーがいなければ
Googleもこれほどの巨大企業にはなっていなかったのではないでしょうか?


ネット検索利用者に対して、有益とは呼べないサイトが乱立したり
ペラサイトで稼ぐ手法やリンクプログラムによる検索結果の操作など
グーグルからすれば悪質と思えるアドセンサーに対しては
そのような態度も必要かと思いますが、
良識のあるアドセンサーに対しては
もう少し人間味のある対応をしてもらいたいものです。


昨年末の2重振込みや今回の敗訴など
グーグルにとっても悪い話も少なくありませんので
今後は、少しは変わって欲しいものだと思います。

コメント
この記事へのコメント
竜馬さん
こんにちは、いんぐらむです。
いつもお世話になっています。

全く同感ですね。
アドセンスチームは恐らく派遣を大量に雇って、機械的にツールでチェックして、ひっかかったアカウントにぺたぺたとテンプレ貼ってるメールしてるだけですよ。アドセンサーに対しては企業としての対応がなっちゃいません。あれは最低の対応ですよ。カスタマーを大切にしない企業はいずれ滅びると私は思いますね。

応援済みでーす。


応援ヨロシクお願いします♪
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://review110ryoma.blog122.fc2.com/tb.php/300-dd4ba2d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:情報商材 :アフィリエイト:レビュー:お金儲け:アクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。