誇大広告!【橋爪流インターバンクディーラーFXを徹底検証!!】

ここでは、「誇大広告!【橋爪流インターバンクディーラーFXを徹底検証!!】」 に関する記事を紹介しています。

【人気ブログランキング参加中】

応援ヨロシクお願いします♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【人気ブログランキング参加中】

応援ヨロシクお願いします♪

いまや情報商材販売最大手、株式会社インフォトップ(代表取締役高濱憲一)の
悪質商品はFXを中心とした投資系商材だ。
インフォトップ総合ランキング月間2位、
マネー部門2位、24時間ランキングで
正月中1位をキープし続け
1月9日現在第1位、インフォトップで最も売れている。
FX商材【橋爪流インターバンクディーラーFX】を徹底検証する。

■発行元     株式会社ハーツエンターテイメント
■運営責任者   橋爪美穂子
■所在地     兵庫県尼崎市上ノ島町2-16-1
■電話      06-7504-5692
■メールアドレス fx@global-hearts.net
■価格      29,800円


胡散臭いことこの上ない。
勝率94%が本当なら世の中億万長者だらけじゃないか
という基本的なツッコミは取り敢えずおいて、

セールスレターの

「FX商材初の著作権取得済み電子書籍ノウハウです!」

「世の中には、使えない机上の空論ノウハウが溢れかえっています。
 そのような書籍は、現実問題として著作権など取得出来ないのです。
 おそらく世に出回っている電子書籍の9割9分が
 著作権の取得をしておられないかと思います。
 当書籍は、著作権を取得する事に成功しました。
 当手法の内容が完全である事、オリジナル商材である事の証明です。
 すなわち法律で証明され、守られている商材です。」


この文章を読んだだけで、筆者の中では「インチキ商材」確定だった。

著作権とは特許のように「取得」するものではない。
著作物は書いた瞬間に自然発生する権利である。

従って、小学生の作文にも、お爺ちゃんの趣味の俳句にも、
著作権はある。

インフォトップ史上に残る詐欺商材「インド式アフィリエイト」や
画像改竄で大問題になった「ショットガンFX」「ミリオネアFX」にも
著作権はある。

「使えない机上の空論ノウハウが溢れかえっています。
 そのような書籍は、現実問題として著作権など取得出来ないのです。」

嘘です。どんな机上の空論でも著作物は全て著作権が発生します。

「おそらく世に出回っている電子書籍の9割9分が著作権の取得をし
 ておられないかと思います。」

大嘘です。世の中の電子書籍のほとんどに著作権は存在します。

「当書籍は、著作権を取得する事に成功しました。
 当手法の内容が完全である事、オリジナル商材である事の証明です。
 すなわち法律で証明され、守られている商材です。」

超大嘘です。著作権は取得するものでも無いし、
成功するとか失敗するとかの問題でも無い、

ましてや

「当手法の内容が完全である事、オリジナル商材である事の証明です」

は噴飯もの。デタラメ。

情報商材の業界はなぜこんな低次元なまやかしが平気で通用するのか。

そして、もしこのフレーズにころっと騙される人間がいるなら、
そのような世間を知らない者が、
金融の世界の高学歴かつ専門の組織の中で
実戦で鍛え上げられた猛者たちと伍して相場を張って
勝ち目があるのだろうか。

他人事ながら甚だ心配である。

※余談だが文化庁に著作権登録制度というものがある。
 http://www.bunka.go.jp/1tyosaku/
これは1件1000円から30000円の登録免許税を納めることで
著作者名や発行年月日を登録する制度だが、
著作権の権利を取得するとか、
内容を証明するという類のものでは全く無い。
また、要件を満たし所定の書類を揃え、印紙を貼って提出すれば
原則的に全て登録される。

この時点でセールスレターに虚偽があり、
景品表示法第4条(不当表示・優良誤認)違反、
特定商取引法第12条(誇大広告)違反、
消費者契約法第4条(不実告知契約の取消権)の援用

により、インフォトップに返品を申し出たい購入者は
早めに契約解除通知を送付すべきだろう。

インフォトップの審査基準
https://www.infotop.jp/html/shinsa/keikoku.php

「根拠無しにサイトでの誇大表現があるもの」
にも抵触する。

インフォトップの返金対応は
インフォトップ規約第18条3項
http://info.infotop.jp/regulation.php
定めてあるとおり、購入月の翌月末までである。
契約解除は出来れば高濱社長宛に
内容証明郵便で送るのが好ましい。

数百人の消費者が既にインフォトップから返金を勝ち取っている。
泣き寝入りせず当然の権利なのだから返してもらうべきだろう。

高濱憲一社長は、
日本インターネットアントレプレナー協会の事実上のオーナーなのだから、
今年からは気持ちを入れ替えて子供騙しな違法広告の販売を中止し、
まっとうな電子書籍販売事業者として再出発を果たして欲しい。

ついでだが、同社は特商法表記に住所を
兵庫県尼崎市上ノ島町2-16-1
とのみ記しているが、
実際にはマンションの102号室に在所する。

インフォトップ審査基準「非承認の対象」
特商法の不備の項目、
「業務の行われている実在する住所を番地・建物名・部屋番号まで記載 
 例:東京都千代田区神田須田町2-2 ITC神田須田町ビル7F
 ※インフォトップに登録している住所と一致すること」
に違反する。

インフォトップは自らが設立した日本インターネットアントレプレナー
協会の所在地表示自体建物名も号室も入れておず、
当該住所に存在しなかったという笑えない醜態を晒しているが、
消費者の利害に直結する発行元の所在確認は、
発売者たる株式会社インフォトップの当然の義務である。

基準に基づき、早々に「非承認」にすべきだろう。

また、同社のサイトには真の代表者の氏名が表記されていないので、
調べてみると、

「藤田コオキチ」の芸名で関西のライブを中心に活動する
お笑い芸人であった。
(公式サイト→ http://fujitan.com/ko-kichi/index.html)

本名は藤田寿彦(37歳)。
藤田の現住所は前述の法人所在地の近所にある実家である。

芸人としては長らく大阪市内の小規模プロダクション
大滝エージェンシーに所属していたが、現在は独立した模様。
(http://ohtaki-agency.com/index.html)
大滝エージェンシーは、
デビュー当時の松尾貴史が所属していたことで名を残しているが、
現在はメジャーな所属タレントはいない。

株式会社ハーツエンターテイメントの定款上の目的欄には
「芸能タレント、モデル、ダンサー、ヘアデザイナー
 スタイリスト及び各種作家のマネージメント業務」
「芸能プロダクション、モデルプロダクションの経営・・・」
とあり、自身の芸能活動のために、平成19年2月15日に設立
されたことが伺える。


さて、前段が長くなったがいよいよ商材本体の要旨解説と論評に移る。

本商品は
「基本マスター編」33頁
「実践マスター編」23頁
「完全マスター編」12頁
「応用マスター編」12頁

の4編、80頁から成っている。

「基本マスター編」「実践マスター編」では
FXの仕組みなど基礎知識について記述されている。

他のFX商材同様、丁寧な説明がされているが
一般書籍で十分手に入る情報でもある。

その中で作者は自分が元証券会社勤務であることをやたら強調する。

例えばセールスレターにもあるが
「実際、FXトレードの世界で勝っているのは
 全体の5%と言われております。
 これは証券会社に勤めていた私だからわかる事ですが、
 実際は、3%です。」とある。

証券会社に勤めていてもこのような統計結果はわからないし、
3%でも5%でもどうでもよい。
またこんな記述もある。
「FXで勝てる(プラスになる)手法はいくつもある。
 証券会社で働く者は、そのすべてを知り尽くしている」
爆笑だ。
作者が証券会社でどのような職種についていたか知らないが、
これが本当なら証券会社の社員はみなとレーダーとして独立するだろう。

子供だましの論法だ。

まあ、それはいいとしよう。
しかし問題はセールスレターの次の部分である。
商品の内容説明にこんな記述がある。

「実践マスター編」では、
4人の有名トレーダーを例に挙げた実践方法等をマスターして頂きます。」

この文章を読む限りでは4人のトレーダーの投資手法が
詳しく書いてあると誰でも思うだろう。

しかしそのような部分はない。
あるのは一人5、6行の資金管理を中心とする方法の記述だけである。

しかもその中の一人は著名な投資家W.D.ギャンの
「ギャンの価値ある28のルール」

からの抜粋である。

これは書籍やネットで調べればいくらでも読むことができる。
しかも28あるルールの中の5,6個を抜粋しただけである。

本文中の参考程度の記事ならこれでもいいだろう。
しかしわざわざ「実践マスター編」と銘うって
あたかも詳細な投資手法をマスターできるかのように
セールスレターでは書いて、内容はこれでは誇大広告だ。

その他に登場する有名?トレーダーも「関西屈指のトレーダーFY氏」
とか「愛知在住の主婦トレーダーKI氏」とか
実在するかどうかも調べられない人物である。

書いてある内容自体はうなずける部分もある。
しかし世間の投資手法をかき集めたようなコラムで
「有名トレーダーの実践方法」をマスターできるはずがない。

PDFの実物を見れば判るが、本当に薄っぺらなのだ。

ページ数にして約2ページほどである。
それをわざわざ「実践マスター編」などと銘打っている。
これでは無料レポートレベルだ。

セールスレターとの乖離は甚だしい。

その後はテクニカル分析の簡単な説明、
システムトレードについて、そしていくつかのシステムが紹介されている。

この部分も一般の書籍で手に入るレベルであり
特に記すこともないので先に進もう。

さて次の「完全マスター編」からいよいよロジックが公開される。

私がセールスレターの画像のチャート画像を見ると
その手法は大体想像できた。
画像には3本の移動平均線が出ている。

ところどころ勿体つけたようにボカシがはいっているが、
多分移動平均線をローソク足が抜けたポイントを
シグナルとするシステムだろう。

先を読んでみると果たしてそのとおりだった。

作中の例では9日21日50日の3本に移動平均線を表示させる。
そしてその移動平均線がしたから9日21日50日と並んでいれば
上昇トレンドと判断する。

逆に50日21日9日と並んでいれば下降トレンドと判断する。
ローソク足は1時間2時間4時間を使う。

上昇トレンドにある時ローソク足がすべての移動平均線を
下から上に抜いたら買いシグナルである。

そして9日線が21線を上から下に抜けたらクローズである。
売りの場合はまったく逆だ。

以上はスウィングトレードの場合でありデイトレードの場合、
移動平均線は5日10日20日、
ローソク足は10分15分30分を推奨している。

ストップロスはサポート、レジスタンスを目安に
スウィングトレードの場合は10銭、
デイトレードの場合は仕掛け値より40銭程度としている。

これが基本なのだが「応用マスター編」ではスウィングトレードで
100日200日デイトレードで40日80日に移動平均線を追加し、5本使う。

よりダマシを少なくしようということだろう。

このロジック自体は拍子抜けがするほどまともである。

しかしこの手法自体は昔からあるもので、
書籍やネットで調べれば似たようなシステムはいくらでもある。

下のサイトを見てほしい。細かいパラメーターは違うがシステムは
ほとんど同じことがわかるだろう。
http://tradelikeavulcan.blog71.fc2.com/blog-entry-77.html
http://www.suisui.ne.jp/~chikacci/buy_sell/buysell09.html

しかし作者は誇らしげにこうセールスレターに書いている。

「本書は、外資系のインターバンクディーラーのトレード手法の
 一部を私が実践し、
 シンプルに解き明かしピンポイントにトレードする手法です。」

書籍やネットで得られる手法をさも独自の必勝法であるように
販売するのは明らかに誇大広告だろう。

しかしこれで本当にセールスレターに書いてあるような
パフォーマンスがだせるのであろうか。

セールスレターでは景気のいい話のオンパレードである。
「はい、過去の統計上、どう少なく見積もっても
 7割の勝率になってしまいます。」
だの
「‥応用マスター編を使用すると月勝率94.1%、
 年平均619.1%のリターンとなり
 FXのみで月500万円以上を稼いでいます。‥」
などだ。

バックテストをしていないのでここでは結論は出せない。

少し計算してみよう、2万円の資金でこの手法でデイトレードをするとする。
1回の利益や1日何回トレードするかは不明なので、
最低ラインとして1回当たりの利益を10銭、1日一回トレードするとしよう。

証拠金1万円で1万通貨ポジションを持つとする。
月20日として20トレードすることになる。

月勝率は94.1%なので20×0.941=18.82 約19回は勝ちトレードになる。
とすると1回当たりの利益は1000円なので月の利益は19000円である。

損きりラインは商材では10銭としているので
残り1回の負けトレードでの損益は1000円である。

19000円-1000円=18000円。これが1ヶ月の利益となる。
これが12ヶ月だと元金と加えて236000円になる。

パフォーマンスはなんと1180%にもなる。
これはトレード当たりの利益などの数字をかなり低く見積もった場合のだが、
それでもセールスレターに書いてある月勝率94.1%ではこのような結果になる。

もし作者の書いたようなパフォーマンスがこのロジックで出せるのなら
世の中は億万長者だらけである。

作者もそんな金のなる木を数万円で売る必要もないだろう。
それよりも前にインターバンクディーラーもみんな会社を辞めてしまうだろう。

この手のトレンドフォロー戦略はダマシが発生しやすく
勝率が低くなりがちであるし、損のためドローダウンが大きくなる。

大きなトレンドの時にいかに利益を伸ばせるかが
勝敗の分かれ目なるだろう。

その点大きくの移動平均線を用いればダマシは少なくなるのだが、
その反面売買シグナルがなかなかでなくなる可能性がある。

ロジックを見る限りではそこら辺が解決されているかがわからなかった。
しかしどうしても作者がいうようなFXで勝てる唯一に手法だとは
思えない。

続きはバックテストの結果を待つとして
最後に返金保障の部分に触れてみよう。
セールスページに記載されている条件はこうである。
「当HPを初訪問で購入された方で、ノウハウ通りに3ヶ月間実践して
 勝率が7割に満たなかった場合、購入代金の全額を返金致します」

この商材では前回のマネーの虎のように5年間などという
非常識な期間は設定されていない。
しかし条件に「3ヶ月間の実践履歴画像」を要求するのは同様。

儲からないロジックで取引を継続する者などいないため、
成果の出ない商材ほど返金の条件を満たせないという矛盾を抱える。

セールスレターの著作権取得の優良誤認の件然り、
実戦マスター編の誇大広告然り、
バックテストの前から結果は怪しいが。

さあ、この商材が明らかな詐欺商材かどうか、
バックテストを行ってみたいと思う。

論評 格闘する投資家 オカピー ( http://kantan-fx.biz/ )
構成 山岸悟


以上がトレンドライフの記事の転載ですが、
個人的にオススメするFX商材
コチラです。
FX(外国為替証拠金取引)初心者必勝法

他のランキングブログも見てみよう♪

TOPへ
コメント
この記事へのコメント

応援ヨロシクお願いします♪
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://review110ryoma.blog122.fc2.com/tb.php/140-2387e057
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:情報商材 :アフィリエイト:レビュー:お金儲け:アクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。