検証!【まぐまぐの錬金術師1日30分の簡単な作業で月100万円稼ぐ方法】

ここでは、「検証!【まぐまぐの錬金術師1日30分の簡単な作業で月100万円稼ぐ方法】」 に関する記事を紹介しています。

【人気ブログランキング参加中】

応援ヨロシクお願いします♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【人気ブログランキング参加中】

応援ヨロシクお願いします♪

本日はインフォトップのピックアップ枠に広告掲載されている
【トップアフィリエイター石坂リョウが贈る奇跡のメルマガアフィリエイト 
まぐまぐの錬金術師 
1日30分の簡単な作業で、まぐまぐマネーカテゴリー
デイリーアクセスランキング1位に入って月100万円稼ぐ方法。】
販売ページ→ http://www.renkin.org/
(発売者=石山 幸二 所在地 神奈川県川崎市多摩区菅4-9-18
 電話番号 044-945-0522 )

である。

またしても株式会社インフォトップマーケティング(=代表取締役笠浪哲司)の
違法販売商品の広告掲載という反社会性を露呈する結果となったのである。

特商法、消費者契約法に違反する広告を掲載し続ける企業姿勢を
一刻も早く改め、被害の拡大に終止符を打っていただきたい。

■ページ数
150ページ

■目次
まぐまぐの錬金術師!!の目次
第1章まぐまぐについて
第2章テーマ選定とタイトル作成方法
第3章まぐまぐ発行登録方法
第4章ランキング入りを目指せ
第5章トラックバックをする。コメントを書く。アクセスが来る。
今日のアクセス数が増えて、読者登録が増える。
第6章お金儲けのコツ
第7章商品販売ページへの誘導方法
第8章日々の更新方法


■解説・論評

この商材はタイトルからも分かるとおり、1日30分簡単な作業をして、
まぐまぐマネーカテゴリーアクセスランキング1位に入って
月100万円を稼げるように指南する、というものである。

しかし、内容を一読すると1位になれる確証の無い手法であり、
「月100万円稼ぐ」ための具体的方法も書かれていない。

仮に1位になれたとしてもこの商材を広く一般販売しておいて
1位になる人が続出してしまえば機能しなくなるという矛盾を
最初から抱えている。
従って著者と同等の成果を期待することは難しい。

以上については深追いしない。
最大の問題は、販売ページの伏字である。

この商材の販売ページは、読者の好奇心をそそるよう
伏字が多用されている。

当然購入者は■■や●●に何が入っているか知りたくて商材を買う
ようなものだが、その肝心な伏字の重要な部分に該当するものが
何度読んでも商材の中に書かれていないのである。

販売サイトに惹かれて購入した客は「騙された」と思わないはずがない。

明らかな誇大広告、不実告知広告であり、
特定商取引法、消費者契約法に違反するのである。


例えば、販売ページにはこのような記述がある。


「メンター( 師匠 )に言われたままに人と会い、
そこからさらに人を紹介されていくうちに、
私は “ インターネット企業の要(かなめ)” と呼ばれる人物達と
知り合うことが出来ました。
そうして彼ら(その道のプロ中のプロ!)と定期的に会うことで
交流を深め、仲良くなったある日、こんなことを教えてくれたのです。」

 「 リョウさん、まぐまぐの●●、知ってますか? 」

そういえば以前、私がまぐまぐでメルマガを出していることを
伝えていました。
でも急に何を言い始めるんだ・・・?

 「 ・・・・・・・・・・? 」

 「 リョウさん、まぐまぐの●●が●●に影響するの知ってますか? 」

 「 ・・・・・・・・・・??? 」

 「 ねぇリョウさん、話聞いてます(笑)? 」

 「 あの~ ・・・・・もう一回言ってもらえますか? 」

 「 だーかーらー、まぐまぐの●●が●●に影響するんですよ!
   どうしてかって言うと、×××××××××××××××××。 」

その日、ダッシュで家に帰った私は大急ぎで新しいまぐまぐメルマガを
出す準備をはじめました。

そして14日後 ・ ・ ・ ・ ・
ラ、ランキングに入ってる ・ ・ ・ ・ 。

幻でも夢でも無く、ランキングに入っていたのです!」


この「●●」も「×××××××××××××××××」も
何を指しているのか商材を読んでも全く分からない。
消費者に期待させるだけ期待して、その内容が記されていない。
カニの絵が描いてある缶詰を開けてみたらサバの水煮だった、では
客は「詐欺だ」と店の責任者に詰め寄るだろう。


さて、本商材の内容だが、

「にほんブログ村というサイトにブログ登録して、トラックバックの
コミュニティにできるだけ多く入ること。そうすると、自身のまぐまぐへ
多くのアクセスを流せるのでランキング1位になることができる。」

これだけの内容である。

確かに言っていることは簡単だ。
これが本当であれば最初の1人は1位になれるのかもしれない。

しかし、まぐまぐのカテゴリーデイリーアクセスランキングは、
カテゴリーに登録されているメールマガジンの
アクセスが多い順番に並ぶものなので、
1位は日にちごとに変わるようだが、
次から次に同じことを行う人がいれば、
確実に効果は落ちていくだろう。

この手法では、まず初めにメールマガジンのカテゴリを決めるという。
まぐまぐのカテゴリには17個ある。タイトルではマネーカテゴリーと
なっているのだが、どのカテゴリーでもよいようだ。
 
このカテゴリーは先に自分が何を売るのかを決めた上で行うという。
カテゴリーが決まればまぐまぐへメールマガジンの発行の申請をする
必要があるのでその申請方法が説明される。

まぐまぐのメールマガジンが発行されれば、にほんブログ村に登録する。
このにほんブログ村もまぐまぐ同様のテーマがカテゴリごとに
分けられているという。

ここではメールマガジンの属性と近いカテゴリに登録をするという。

なぜ、にほんブログ村に登録するかというと、
それぞれのカテゴリーがヤフーの検索エンジンで
上位表示されやすいからだそうだ。

カテゴリーがヤフーの検索エンジンで上位表示されれば、当然、
そのカテゴリーへはヤフーの検索エンジンからのアクセスが
多いということになる。

そのカテゴリーに登録した自身のブログも当然アクセスが多くなる
というわけだ。

自身のブログにはまぐまぐのURLを貼っておく。
そのアクセスが多くなればカテゴリーデイリーアクセスランキングの
1位になれるという寸法だ。

このにほんブログ村内の露出を多くするために、「トラコミュ」
と言われるトラックバックコミュニティに多く参加することが
大事だと著者はいう。

このトラコミュに参加をすれば、
コミュニティ自分のブログへのリンクが追加されるのでリンク先が増える。

次に、書いた記事をこのトラコミュにトラックバックをしていく。
これらの作業により、露出が多くなり、
にほんブログ村からのブログアクセスが増大するようだ。

またトラックバックにより被リンクが増えるため、
SEO的にも効果があるらしい。

その他、「グーグルに登録する」、
「無料登録ドットコムに登録する」、
「トラックバック本店に登録する」、
「トラックバックや、コメントは
自分のメルマガと関連性の高いブログに継続的に行う。」

などなど、簡単なSEOの対策やアクセスアップの手法も述べられている。

アクセスアップにおいて書かれている話の肝は主にこれだけである。
本当にこれらの作業の効果により
まぐまぐのアクセスランキングで1位になれているのかは不明である。

仮に、にほんブログ村からブログへのアクセスがどのくらいあり、
そのブログからまぐまぐへのアクセスがどのくらいあるのかを
公開しているのであれば、
この手法の効果により1位になったという根拠になるのだが、
それらが述べられいないので偶然の可能性も高い。


次にアフィリエイトをする時のこつだが、
まとめれば、書かれていることは以下でほぼ全て。

まず、顧客が物を買う時について説明されるが、

「商品に価格に合った価値があると感じたとき。」
「その商品を手に入れることで、自分がどうなるか、
 なれるかをイメー ジ出来たとき。」
「紹介する人(販売者、もしくは購入者)の生の声を知ったとき。」
「不安を期待が上回ったときに始めて購入を決定する。」

アフィリエイトリンクに誘導するとき、
直接商材などのセールスレターのページに跳ぶより
商品用ブログで商材を説明してから、
商品用ブログ上に貼ってある商品セールスレターページへの
リンクを押してもらう方が有効という。

また、顧客の不安要素を取り除く説明が、
商品用ブログにきちんと書かれていることが必須条件だという。

これらは書店で売られている書籍に書かれている内容。


さて、販売サイトの伏字に戻ろう。

上場企業の副社長で年収数億という著者のメンター(師匠)が
以下のように述べていた。

「私は副業としていた自分のアフィリエイトを徹底的に検証し、
メンター(師匠)の教えを忠実に実践していきました。
するとどうでしょう、注文が毎日のように来て、
どんどん売上がたつじゃないですか。
メンターの言っていた言葉が正に、
真実として浮かび上がりました。

『 買い物する客は●●したいんだよ。
 だから●●することが大切なんだよ。 』

確かにメンター(師匠)の言っていた通りでした。

喜び勇んで早速報告すると、
『だから言った通りだろ? 今度は■■してみな。』
と、イタズラっぽい顔をしてアドバイスをくれました。

さすがに今度はどうかと、
若干不安になりながらも言われた通りに実行すると ・ ・ ・
なんと、今までの倍以上に注文が加速していきました。

『リョウわかっただろ、ビジネスはみんな一緒だ。
△△が不安で▲▲すると喜んで買うのさ。 』

がーん。
ハンマーで殴られたように理解しました。」

繰り返しになるが、商材に●●も■■も△△も▲▲も
何を指すのか書かれていない。

ハンマーで殴られたような状態になるのは、
騙されてショックな客の方である。

この商材は、まぐまぐのマネーカテゴリーデイリーアクセス
ランキングで1位になれると著者が主張する根拠不十分な一つの方法
を紹介しているに過ぎないにもかかわらず、
商材内容とは無関係な文言を販売サイトに並べ連ねて顧客を誤信させ、
あたかも「1日30分の簡単な作業で」「月100万円稼ぐ」ことが可能で
あるように誇大広告を展開している違法販売商品である。

私はこの商材のノウハウ自体が無価値だとは思わない。
ノウハウとして成立している。
商材だけを渡されて読めば、なるほどと思うかもしれない。

しかし、この販売サイト、販売方法が違法なのだ。
先ほどの缶詰の例で言えば、サバの水煮だって商品として成立している。
しかし、パッケージにカニの写真を張って売った時点で違法なのである。
販売者はそこを理解すべきだ。

インフォトップに掲載され続ける違法販売商材は後を絶たない以上、
消費者の自衛に勝る被害防止はない。


山岸悟

(追記)

本日、大戸要氏の「自販機アフィリ」を購入し、
彼に返金要求したお客さんからメールを頂きました。

「山岸さんの記事にも書かれていたとおり、
 大戸さんは人間的には悪い人ではありませんでした。
 メールの返信も早く、丁寧な対応もしてくれました。ですから、
 次に商材を出すときは、優良なものが出てくることを
 期待したいと思います。」

私は以前厳しく大戸氏を指弾いたしましたが、
このようなメールも届いている以上、明らかにしないのは
不公正です。

実はこのようなメールを頂いたのは2通目なのです。
自作自演、罠の様なメールは膨大に頂くのですが、
見抜く目には自信があります。
この2通は本当のお客様からのメールだと確信しています。

大戸氏は行動でもって信頼回復に取組んでいるのでしょう。
敬意を表します。

是非次回は誇大広告や無意味な表示違反などせず、
大戸氏の商品力で直球勝負し、
その実力を知らしめていただきたいものです。



12/26 追記

12月3日付け、検証!【石坂リョウ まぐまぐの錬金術師 1日30分の
簡単な作業で、まぐまぐマネーカテゴリーデイリーアクセスランキン
グ1位に入って月100万円稼ぐ方法。】の記事配信後、著者の石坂氏よ
り筆者へメールが寄せられた。


・私自身が月100万円稼いだことは紛れも無い事実であり、
 まぐまぐのランキングに常に入っているのも事実である。

・儲けることの手助けになる様に、全力で商材をつくった。

・現在販売している中で、クレームや返品希望は全く起きて
 いない。

という主旨である。
弊社としては販売サイトと商材内容の乖離があったことの
考えを堅持しており、また記事中でもノウハウの有効性は
否定していないので、記事は適正なものであると考えている。

しかし著者より、

「私は人を騙して儲けるつもりなど毛頭なく、正々堂々と自信
を持って販売をしております」

「あの時点で、私のベストでしたが、それでも足りない部分が
あったことを指摘されて、それを素直にすぐ修正いたしました」

と商材の修正に関する報告をもらい、
誠実な販売姿勢を表明いただいたので、

この場で読者に明らかにする次第である。

今後の石坂氏の活動に注目していきたい。



他のランキングブログも見てみよう♪

TOPへ
コメント
この記事へのコメント

応援ヨロシクお願いします♪
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://review110ryoma.blog122.fc2.com/tb.php/12-e87b4d48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:情報商材 :アフィリエイト:レビュー:お金儲け:アクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。